4Cとは?

ダイヤモンドを選ぶ基準には、カット、クオリティ、カラー、カラットなる4つのCがありますが、ご存知でしょうか?カットとは、ダイヤモンドの表面の研磨、バランス、形を評価する基準になります。

職人がダイヤモンドを研磨し、ダイヤモンドの表面にバランスよくカットを施していき、ダイヤモンドがより輝くよう仕上げます。

もっとも一般的だと言われるカットは、58面。

キラキラ輝くデザインは、カットの良し悪しで決まると言っても過言ではありません。

続いてクオリティについてですが、クオリティとはダイヤモンドの透明度をあらわす基準になります。

ダイヤモンド原石には傷や欠けがある、また不純物が混ざっていることがあることをご存知でしょうか?傷や欠けがなく、より透明度の高いものはグレードが高く、透明度が低いものはグレードが低くなります。

次はカラーについてですが、言葉そのまま、ダイヤモンドの色合いになります。

無色透明が好まれますが、昨今ではどんな服装でも似合う色付きダイヤモンドにも人気があります。

ちなみに、カラーは23段階ものランクにランク分けされております。

最後はカラット。

1カラットは0.2グラムに相当し、ダイヤモンドの重さをあらわす基準になります。

カラット数が高いものほど大粒のダイヤモンドになり、低いものほど小粒になるとのことです。

婚約指輪はダイヤモンドが一般的ですが、この4つのCを頭に置き、お気に入りの婚約指輪を選ばれて下さい。

※ジュエリーについての参考リンク→《URL:http://www.jja.ne.jp/aboutjewellery/aboutjewellery_inner07.html