ダイヤモンドが選ばれる理由

指輪は円い。

当たり前ですが、なぜ指輪が円いのかご存知でしょうか?最古の指輪、婚約指輪になりますが、最古の指輪は古代エジプト時代のものだそうです。

その当時の指輪は現代と同様、円い形をしております。

ちなみに円い形は太陽、月を模ったシンボルの意味を持っており、戦いに明け暮れていた時代武装して戦いに出かける男たちの最後に身に着けるものであり、また完全無欠のシンボルである指輪を着けることでパワーをもらい、自身の身を守ったとのことです。

また指輪は、つなぎ目がありません。

デザイン的につなぎ目を作る指輪もありますが、一般的な指輪にはつなぎ目はありません。

つなぎ目がないことはエンドレスを意味しており、身に着けることで指輪の持つ神秘なパワーを永遠にもらえるとその当時から信じられてきたのです。

婚約指輪の石と言えばダイヤモンドが主流ですが、ダイヤモンドはもっとも固い石と言われます。

「固い絆で結ばれる」

こんな言葉を耳にしたことはありませんか?ダイヤモンドは、二人の固い絆を象徴しており、一生固い絆で結ばれているようにとの願いを込め選ぶお客さまが多いとのことです。

色付きダイヤモンドと一般的な透明のダイヤモンドの比率は、1対9の割合で透明のダイヤモンドを選ぶお客さまが多く、透明度にこだわるお客さまも少なくありません。

長く使用されたいお客さまは一時の感情で選ぶのではなく、慎重に選ぶことをおすすめします。